読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【幼児の習い事】スイミングスクールへ通うと得られる11の効果

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

子どもの習い事はたくさんあるので迷いますね。また、どんな目的で習い事をさせようと思いますか?じつは今、子どもの習い事で人気があるのがスイミングなのです。スイミングは小さいときから始めることができ、心も体も鍛えられるので親が子どもに習わせたい習い事でもあります。そんなスイミングスクールの魅力についてご紹介していきます。

この記事の監修ドクター

北浜こどもクリニック北浜 直 先生 医療機関併設型の病児保育やインフルエンザ等の予防接種、育児相談などお気軽にご相談下さい。 http://www.kitahama-kidsclinic.jp/

幼児向けスイミングスクールの内容

522404555

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ベビースイミングと違い、幼児のスイミングスクールは子どもたちと指導者で行われます。子どもと一緒にプールには入れませんが、たいてい大人が子どもの様子を見学する場所があるので安心です。スクールによってクラスや階級の分け方は違いますが、下記の流れでステップアップしていきます。また、はじめは子ども用のアーム浮輪をつけておこないます。

1)まずは水慣れするコース

幼児のスイミングでは、スイミングを好きになってもらうために、まずは水を好きになってもらう遊びをするところが多いです。例えば、水中でのおもちゃ遊びやまねごと遊び、水中歩行等です。ゆっくり楽しみながら、遊びながら水に慣れていきます。

2)水慣れから楽しく水泳に移行するコース

水に慣れしてきたら、ゲーム的要素を取り入れつつ、少しずつスイミングの基本である顔つけやバタ足、浮身等を身につけていきます。水中のおもちゃを取ったり、皆で水中を歩いて流れるプールを作ったり、水中に飛び込んだり、プールがどんどん楽しくなります。

3)水泳を学ぶコース

まずは、水中での呼吸法や浮く、進む等、水泳での基本動作をみにつけます。そして段階的にクロールや背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライなど泳ぎ方も教わっていきます。年齢や子どもの成長にもよりますが、年長くらいから正しい泳ぎ方を教わっていきます。

スイミングスクールは人気の高い習い事?

476805069

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

水泳は子どもから大人まで幅広い年代から愛されるスポーツの一つです。特に、様々にある子どもの習い事の中でも上位にあるのが、スイミングです。

「ケイコとマナブ」のアンケートによると……

となっており、水泳は「習っている」ランキングでは1位、「習わせたい」ランキングでも2位とトップにランクイン。

Zu08

出典 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/06/kekka2.html

上の図の厚生労働省の男女別にみた習い事の種類のアンケートでも、男子の1位と女子の2位が水泳になっており人気なのがわかります。

また東大生の60%はスイミングに通っていた経験があるという結果も出ていて、体力づくりに加え、それ以外の効果も期待できるのが人気の理由でしょう。次に、人気なスイミングの効果についてみていきましょう。

スイミングスクールで得られる11の効果

525793421

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

①バランスのとれた体作りができる

水中では浮力が働くので、関節や骨に負担をかけずに全身運動ができます。体の成長が著しい幼児期に、負担をかけずに体作りができるのはスイミングのメリットです。また全身を使うので、バランスのよい筋力と体力を作ることができます。

②丈夫な身体になる

健康の為に子どもにスイミングを習わせたいと考えているお母さんは少なくありません。水からの刺激で皮膚が鍛えられ、自律神経が強くなったり、体温調整機能が向上したりします。皮膚が強くなると風邪に負けにくくなるのです。

③基礎体力がつく

スイミングは水の中で身体全体を使って運動しますし、呼吸も制限されます。丈夫な身体になるのと同時に、体力も自然に身についていきます。はじめはグッタリと疲れてしまうかもしれませんが、次第に基礎体力がついてくるのが分かりますよ。基礎体力がつくと運動全般に活かされますし、風邪にも強くなるのでいいことずくめですね。

④小児ぜんそくに打ち勝つ

スイミングはバランスよく筋肉が鍛えられ、呼吸法を練習する事によって循環器官が鍛えられます。それによって心肺機能も向上し、小児ぜんそくの予防や治療の一つとしても注目を浴びています。もし治療を目的の場合は、医師にスイミングをしても大丈夫か確認してくださいね。

⑤頭が良くなる

スイミングは、スポーツに関する能力だけではなく、頭の発達にもいい効果をもたらします。例えば、水中で体を動かすことによって脳の空間認識能力が高まったり、脳の神経回路を刺激して頭の回転がはやくなったり等、頭が良くなる効果があります。

⑥いざという時に役にたつ

できればない方がいいケースですが、プールや海、川等、子どもが水に溺れる事故はゼロではありません。そして自分の子はそんなことにならないとは言い切れませんよね?もしも、子どもが水に落ちて緊急事態の時、泳げるかどうかが命を左右するかもしれません。また浮くことやパニックにならないようにするだけでも、いざという時には役に立ちます。

⑦お風呂が怖くなくなる

顔に水がかかるのを嫌うお子さんはけっこういて、そういう場合お風呂が億劫になりますね。それがスイミングスクールに通うと、子どもは水に慣れてくれるので、お風呂でも余裕を見せます。頭の上からシャワーで流しても泣かなくなると、お母さんも楽になり、子どももお風呂が楽しくなりますね。

⑧精神的にも安定し強くなる

スイミングスクールでは、適度に身体を動かすので子どものストレス発散にも効果があります。また一回で泳げるわけではなく、何回も練習して泳げるようになりますよね?その努力する力や、できない時どうすればいいのか考えること、もどかしさと折り合いをつける経験を得て精神的にも強くなっていきます。

⑨達成感を味わえる

泳げなかった子が泳げるようになると達成感が味わえます。どんな事でもそうですが、子どもはできない事を克服し、色んな事ができるようになっていきます。その「できた」時の喜びは何物にも変えられない貴重な体験で、子どもをぐんと成長させてくれます。子どもの自信にもつながり、自己肯定感も満たされ、色んな事に挑戦する心が育ちます。そんな「できた」を味わえるように、スイミングスクールでは目標を設定し、階級制やスタンプを用いているところもあります。

⑩仲間ができる

1人で目標の為、ストイックに泳ぎの練習する小さい子どもはほとんどいません。どんな子どもでも友だちがいるから、一緒に楽しみ、一緒に頑張ることができます。スイミングスクールに通うことによって、一緒の目標に向かっている仲間ができます。時にはできた事を一緒に喜び、時にはライバルとして意識し、自分も頑張ろうと思うでしょう。お母さんや先生以外にも、できた喜びを分かち合える仲間の存在は、子どもを大きく成長させてくれます。

⑪泳げるようになる

はじめは楽しく水に慣れるところから入りますが、スイミングスクールの最終目標は上手に泳げるようになることです。つまりスイミングスクールを続けていれば、泳げるようになります。幼児期からスイミングスクールに通わせておけば、小学校での水泳の授業で足踏みしなくてすみますね。さらに泳げることができれば、授業で子どもも活躍できるかもしれませんよ。

スイミングが人気の理由

488585333

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

金銭的に楽

他のスポーツや習い事と比べて、スイミングは安いです。入会費・年会費・月謝と費用がいるかもしれませんが、特別高いわけではなく、他の習い事もそれらはいることでしょう。どうしてスイミングが安いのかというと、必要な道具が水着と水泳帽だけで、シンプルかつ安くすむからです。ちなみに、月謝は5~8千円が相場になっています。

怪我をしにくい

スポーツの習い事には怪我がつきもので、捻挫や打撲、すり傷、切り傷、刺し傷、骨折等ほんとうに色んな箇所をたくさん怪我します。その点、スイミングは運動量が多いけれど、他のスポーツに比べて怪我をしにくいというメリットがあります。子どもは怪我をするものと言いますが、それでも子どもの怪我を見ると心苦しいですよね。スイミングスクールは楽しくケガなくできるので、親にとっても安心して通わせることができます。

通いやすい

スイミングスクールは室内プールにあることが多く、天候に左右されないので突然のキャンセルはありません。スイミングは人気もあるので、全国的にスクールが多いのも魅力です。またスクールによっては、バスで送り迎えをしてくれるところもあります。これらに加え、子どもからでもはじめやすく、リーズナブルなので通いやすく続けやすいので人気があります。

スイミングスクール選びのコツ

176861228

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

指導方針が合っているかを確かめる

子どものスイミングスクールですと、たいていは「楽しく泳ぐ」のを目的にしていますが、たまに「競技で勝つこと」を目的にしているところもあります。そういうところですと、指導もスパルタになってきます。幼児はまだ楽しく遊びの中で色々吸収している時期です。指導方針がお母さんの教育方針と合っていればいいのですが、お子さんの成長も考え、お母さんと子どもに合ったスイミングスクールを見つけましょう。

費用や送迎等、細かい所も確かめる

指導方針がピッタリなスイミングスクールでも費用が高すぎて家計を圧迫したり、時間が合わなくて休みが多くなったりすると続けることができません。休みの場合は振替があるか、バスによる送迎があるかなど、長く続けることを考えて細かいところもチェックしておきましょう。

まずは体験教室に行ってみる

指導方針や料金等はホームページや電話で調べることができますが、気になるスイミングスクールがあるならば一度足を運んでみましょう。最近では一日無料体験をしているところも多いので、是非参加してみて下さいね。見ているのとやるのでは違いがあるので、実際の雰囲気を知るのは大切です。

まとめ

468139887

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

いかがでしたでしょうか? 子どもの成長は早く、特に幼児期の心身の発達は驚くことが多いでしょう。また小さいときに努力したことや、心から楽しかった経験は、大きくなっても、その子どもの糧になってくれます。 そんな貴重な幼児期だからこそ、習い事も慎重に選びたいですね。そして、習い事をするならば続けられるものや、子どもがやりたいもの、子どもの為になるものがいいですよね?もしどれがいいか悩んでいるならば、人気でいい効果がいっぱいのスイミングスクールも是非候補に入れてみて下さい。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年1月19日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録