読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

産後のセックスはいつからOK? 再開の目安とセックスレスにならないためのポイント

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

産後のセックスは基本的には女性の体が回復したら再開しても大丈夫ですが、なかなか再開させる気になれない女性も多いようです。そんな時はしっかりと夫婦で話し合い、気持ちを理解しあいましょう。

この記事の監修ドクター

産婦人科専門医高橋しづこ先生 1995年、米国オレゴン州私立Reed Collegeを卒業。1997年、東海大学医学部へ入学。同大卒業後、東京大学医学部大学院より医学博士。その後は日赤医療センターや山王メディカルセンターで非常勤医師。A型・いて座。自身は39歳で第1子、41歳で第2子と、43歳で第3子高齢で出産。高齢不妊・妊娠・出産のつらさや痛みが分かるぶん、患者さんのお話にはできるだけ真摯に耳を傾けたいというのが信条。趣味はサイクリングで、通勤にもロードバイクを愛用するアクティブな一面も。

産後のセックスはいつから再開できる?

504478210

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

基本的に体が回復したら再開OK

産後初めての生理が再開していれば、次の妊娠準備ができている状態です。ただし、セックスを再開するには、産後1か月の健診で会陰(えいん)の縫合跡や膣の状態、子宮、外陰部の傷の状態などに問題がないことを確認した後であり、健診で問題がなければ再開してもよいでしょう。基本的には、縫合している場合は、溶ける糸を使用しています。そのため手足のけがの場合と一緒で、1週間もすれば皮膚はくっついているので問題はありませんが、もし縫合の状態や膣の炎症など、産後の体調不良がある場合は、症状が落ち着くまで様子を見ることが必要です。 また、出産を成し遂げた女性の体は、回復までにそれなりの長い時間がかかります。そのため、通常ならば跳ね返してしまう細菌などに感染してしまう危険もあるので、男性は性器を清潔にしましょう。

体だけじゃない!心が整うことも大切

育児中の女性の体はストレスがかかりやすい状態です。授乳や育児などのストレスで疲れていたり、産後うつの症状が現れることがあることもあります。疲れているのに眠れない、体重の急激な増減、肌のトラブル、やる気が出ずにイライラする、母乳が出なくなる、など、さまざまな産後のストレスを感じてしまい、とてもセックスをする気になれないことことも多いようです。

産後のセックスには痛みがあることも、女性がセックスをする気になれない原因の1つです。痛い理由には、子宮が下がっていることも挙げられます。大きなおなかを支えるために、子宮底筋群といわれる筋肉の集まりが伸びきって、子宮自体が下がってしまい、産道や膣が短くなってしまっていることも多いのです。

また、疲労や縫合の後の傷の痛みなどの体調不良に加え、授乳中の女性はプロラクティンの分泌が盛んで、逆にエストロゲンやプロゲステロンの値が低くなる、というホルモンバランスの変化により、性欲が起こりにくくなっています。かといって授乳を中止したら性的欲求が生まれてくるというわけでもなく、産後は女性の体はゆっくりと時間をかけて戻ります。さらに、産んだばかりの赤ちゃんが落ち着くまでは次の子どもを必要としない、という生物学的な摂理も働いていると考えられます。 このように女性の気が乗らない時などは無理をせず、夫とさまざまな会話をしたり、相談をして他のスキンシップをとってみることも1つの方法です。赤ちゃんが生まれて幸せな気分になる時期、つい夫とのスキンシップを忘れがちです。今まで以上に夫にスキンシップを仕掛けてみるといいでしょう。夫は少なからず赤ちゃんに嫉妬するので、スキンシップはやりすぎるくらいがちょうどいいのです。そんなスキンシップが女性の性欲を高めたり、お互いがセックスしようという流れに持ち込めることもあります。

無計画な妊娠に注意しよう

産後は排卵がどのタイミングで起こるにか予測が難しく、生理がなくても妊娠することもあります。それは、生理の前に排卵するからせ、出産後初めての排卵で避妊せずに妊娠してしまうケースも多くみられます。 妊娠を覚悟したうえでのことならば問題はないでしょうが、赤ちゃんの育児をしながら妊娠をすることはとても大変で、女性にも非常に負担がかかることなので妊娠を望まない場合は必ず避妊をしましょう。 避妊の際は、授乳中の場合はピルを使った避妊は避けましょう。ピルの成分であるエストロゲンとプロテストロゲンという女性ホルモンは、母乳の分泌に影響を与えます。また、母乳を通して赤ちゃんも摂取してしまうので、授乳中はコンドームや避妊リングなど、別の方法で避妊しましょう。

すれ違いが起きやすい時期?セックスレスにならないためには

187252426

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

産後のセックスレスが増えている?

「産後セックスを再開をしたのはいつか」という問いに関して、「主婦の友」社の調べによると、平均4.7ヶ月後という数値が出たように、現代では、産後の夫婦間のセックスの再開時期が遅くなっている傾向にあります。セックスの再開時期が遅くなっている理由には、男女で異なるようです。

女性側の理由としては、出産の際にできた傷が痛むのが怖い、セックスをすると傷が開くのではないか、という恐怖心や赤ちゃん中心の生活になったことへの肉体的疲労や精神的疲労があります。それだけでなく、精神的な問題の大きな原因として、夫よりも赤ちゃんを優先させてしまう、といったことや、膣が広がった、母乳が出る、など、産後特有の生理的要因が重なってしまってセックスに恐怖感を抱いてしまったり、そもそもセックスに興味がわかなくなってしまった、という人もいるようです。さらに、出産を乗り越え、体型が変わってしまったことによって自分の体型に自信が持てない、という意見もあります。

一方で男性側の理由として、きっかけの大きな1つに立ち会い出産があるようです。立ち会い出産の際に、下半身から出る血液を見てしまったり、自分の妻が苦しむ形相を見てしまって冷や汗が止まらなくなってしまったり、失神してしまう男性も少なくはありません。そんな出産の場面を見てしまってから、産後セックスをしようと思っても前向きになれないという意見が多いのです。 立ち会い出産をしてなくても、赤ちゃんが生まれてから妻が1人の女性ではなく、母親になったと感じてしまうことや、出産による妻の体型の変化が原因でセックスレスになってしまうこともあるようです。

また、セックスレスになってしまう夫婦双方の理由として、最中に赤ちゃんが夜泣きしてしまったり、物音で起きてしまうのではないか、といった理由もあります。

ビジネスセックスにシフトする傾向も?

女性側の本音として、セックスしたくないが仕方なく応じている人もいるようです。性欲がなくなったうえ、疲れていたりしていても、夫が誘ってくるからという理由であったり、「体を慣らさなければいけない」という考えでいたり、2人目が欲しいからという理由で、セックスを再開するケースが多いのです。実際に「ママがセックスに求めるものは?」というアンケートにおいて、妊娠前は1位が愛情確認、2位が刺激・快感、3位がスキンシップだったのに対し、妊娠後のアンケートでは、1位が子づくり、2位が愛情表現、3位がスキンシップ、という結果になっています。出産後の女性にとっては妻と夫の関係は、「男と女」から「同士」になったように感じる人も多いようです。 その結果、セックスレスにはなりませんが、お互いの気持ちが通わず、まるで子づくりのためだけの仕事のようにセックスをする、ビジネスセックスに変わってしまう夫婦も増えているようです。

セックスレスにならないための考え方

セックスレスにならないためには大切なことが多くあります。 まずは妻が夫を上手に頼り、夫もそれにしっかりと答えていることです。子どもが生まれると、女性はやることが山のように増えます。そんな時大切なのが1人で抱え込まないことです。なんでも1人で抱え込んでしまうと、妻の夫への愛情も薄まってしまい、たとえセックスレスにならなくてもビジネスセックスになってしまいます。 また、ホルモンや肉体面での女性の体の変化を当たり前のこと、とまずは割り切り、その対応策を夫婦で考えていくことです。女性器に痛みがあったり、出産後の縫合後が気になるならば、無理をせず、ゆっくりと時間をかけてセックスをすることが必要です。性欲がわかないならば、まずはキスやスキンシップを行い、挿入にこだわらないことも大切かもしれません。

まとめ

498189922

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「性欲がダウンしているのは今だけ」と割り切り、今後もお互いに「異性」であると意識できるような環境づくりや言動が大切です。2人だけの時間も努力して作るようにしましょう。「子どもを託児所や親に預けてデートするなんて・・・」と罪悪感を持つ人もいるかもしれませんが、セックスへの気持ちのすれ違いが原因で夫婦仲に亀裂が入ることもあります。恥ずかしくても話し合いをしっかりとしましょう。今の時期を逃したら今後ずっとそのままになってしまうかもしれません。

もし産後セックスレスになってしまったら次のようなことをやってみましょう。まず、普段からのスキンシップを忘れないことです。挨拶を欠かさないことや、相手の体に触れたり、小さなことで大丈夫です。普段の生活からお互いにスキンシップを心がけるようにしてください。女性の体調が悪くても、スキンシップさえしていれば気持ちが離れることはないでしょう。

次に、お互いの気持ちを声に出して確認しあいましょう。夫は妻の、妻は夫の気持ちをきちんと理解することが大切です。その気になれない場合はきちんと気持ちを伝えず拒否するだけでは、夫は傷ついて次に妻を誘いづらくなってしまいます。夫のことが嫌いになったわけではない、ということをしっかり伝えておきましょう。それだけで夫は妻のことを待っててくれるはずです。

そして女性はママモードになりすぎず、時には「女」であることを意識しましょう。産後の女性は子育てに家事に大忙しです。赤ちゃんの世話に追われて、ついつい自分の身だしなみも忘れがちなこともあるのではないでしょうか。毎日ばっちりメイクをする必要はありませんが、ちょっと髪の毛を整えるなど、心がけが大事です。また、時には自分から誘ってみることも大切かもしれません。万が一途中でその気になれなくても、妻からきてくれた、ということが夫にとって大きな自信にもつながり、次のスキンシップにつながります。まずは思い切って自分から誘ってみましょう。

産後はすることが多くて、夫なんかにかまってられないという女性も実際には多いでしょう。しかし、それでは夫婦間の溝がどんどん大きくなる一方です。普段からの少しの心がけで、セックスレスは簡単に防げるはずです。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年1月23日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録