読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

映画「新宿スワンⅡ」公開直前!色気・優しさ・男らしさの全てがそろう綾野 剛の魅力にせまる!

このコラムにありがとう

友だち追加 新着記事をお知らせします!

2016年は7本の映画など、話題作への出演が続く俳優、綾野 剛(あやの ごう)。刺激的なラブシーンにドキドキさせられて、ユーモアのある姿にときめいて……幅広い役柄をマルチに演じきる彼のキャラクターに興奮しっぱなしの女子も多いはず!
「InRed」2月号では、綾野 剛さんの大ヒット主演作「新宿スワン」の新章である1月21日(土)公開の「新宿スワンⅡ」について語ってくれました。
彼が自身の代表作と公言する、本作品へのせきららな想いを聞かせてもらいましょう!

龍彦をまた生きられることは
奇跡だと思っています

P122-123_men's holiday.indd

本誌インタビューでは前作の続編となる映画「新宿スワンⅡ」について、綾野 剛さんの真っ直ぐな想いが語られています。
続編の制作が決まったときについて、綾野さんは次のようにコメント。

「素直に龍彦をまた生きられることに対する喜びしかありませんでした。龍彦をまた生きられることは奇跡だと思っていますし、それは『新宿スワン』を支えてくださったファンのみなさんのお陰で、『新宿スワンⅡ』を作ることができたので感謝しかないです」

では今回の映画は、綾野剛さんの中でどんな作品なのでしょうか?

代表作であり、自分の可能性を引き出してくれた宝物です。(中略)
僕にとって初めて次を見る喜びを教えてくれたのが、『新宿スワン』でした。この作品のお陰で、現在だけでなく、未来に一歩足を踏み込んでもいいんじゃないかって思えたんです。

撮影の準備に追われる休日も
作品のためだから苦にならない

映画にドラマにバラエティなど……。
活躍の場を多岐に広げ、休むヒマなんてないのでは……?と思われるほど、さまざまな作品に出演し続ける彼のプライペートも追究!

休日は一応あります。でも、今映画の撮影をしていて、休日はすべてジム通いにあてているので実際のところ休日はありませんね(苦笑)。お酒も何カ月も飲んでいませんが、映画のためという目的があって、集中できるから、まったく苦ではないです。作品のためですから

……この一途さ、たまりませんね♥

公開直前!主演作「新宿スワン」の“新章”
「新宿スワンⅡ」がいよいよ公開!

P122-123_men's holiday.indd

©2017「新宿スワンⅡ」製作委員会

『新宿スワンⅡ』

スカウト会社の新宿バーストが横浜に勢力を広げることになり、エース格へと成長した白鳥龍彦(綾野剛)は、幹部の関玄介(深水元基)とともに横浜へ送り込まれる。だが、横浜には横浜ウィザードのタキ(浅野忠信)が君臨。警察やヤクザともコネクションのあるタキの工作により、新宿バーストはピンチを迎え、新宿と横浜は全面戦争へと突入していく。龍彦は、歌舞伎町を守るために立ち上がり……。
監督は前作同様、鬼才、園子温監督。
プロデューサーは『クローズ』シリーズなどのヒットメーカー、山本又一朗。
●1月21日(土)より全国ロードショー。

役者という仕事にひたむきな姿勢で取り組む姿が女子たちを魅了する綾野剛さん。そんな彼の役に対するストイックな姿勢と、作品に対する思いを語った胸キュンしっぱなしのインタビュー全文は「InRed」2月号122ページでチェックしてください!

特別な想いで演じたという「新宿スワンⅡ」は、1月21日(土)公開。綾野さん演じる主人公・龍彦の人間味あふれる姿や男同士の友情なども描かれていて、綾野さんの色気、優しさ、男らしさを満喫したい女子にはうってつけの作品です。彼の貴重な金髪姿もこれで見納めかもしれませんよ♪

 

撮影=kimyongduck 
スタイリスト:澤田石和寛〈SEPT〉 
ヘアメイク=須田理恵 
テキスト=杉嶋未来

※本誌画像の無断掲載はご遠慮ください。

 

「InRed」最新号のお知らせ


関連記事


情報提供元:宝島オンライン

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年1月20日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録