読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】アレルギー性鼻炎の薬はどう選ぶ?薬の種類と選び方

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

日本人に多いとされているアレルギー性鼻炎は、実に日本人の3人に1人が発症する病気であると言われています。アレルギー性鼻炎になってしまった場合、どのように薬を選べばいいのでしょうか?薬の種類と選び方を紹介します。

この記事の監修ドクター

木村聡子先生 日本耳鼻咽喉科学会専門医、医学博士。女医+(じょいぷらす)所属。

こんな症状はアレルギー性鼻炎かも

178493649

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アレルギー性鼻炎はさまざまな症状が現れますが、それがアレルギー性鼻炎なのかどうかはよくわからないことも多々あります。アレルギー性鼻炎の症状や鼻かぜとの違いを確認し、アレルギー性鼻炎かどうかを適切に見分けられるように勉強していきましょう。

そもそもアレルギー性鼻炎って何?

アレルギー性鼻炎とは、なんらかのアレルゲン(アレルギーの原因物質)に身体が過敏な反応示すことによって起こる鼻炎です。そして、アレルギー性鼻炎は1年中症状が現れる通年性アレルギー性鼻炎、そして、季節によって症状が現れる季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。

まず、通年性アレルギー性鼻炎の場合では、室内外のほこり、カビやダニ、ペットの毛やフケ、羽、糞、ハウスダストなどが原因となって起こります。また、なんらかの化学物質に反応して、アレルギー性鼻炎の症状が現れることもあります。

一方で季節性アレルギー性鼻炎はアレルゲンによって症状が出る時期が変わり、飛散した植物の花粉によって起こるものです。つまり、一般的にいわれている花粉症ということです。また、アレルゲンとなる花粉はさまざまで、春であればスギやヒノキの花粉、秋であればブタクサやヨモギなどの花粉が、その代表選手として挙げられます。

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状の現れ方は人それぞれで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのほかに、目の痒みや充血、涙目、目ヤニなど、目に症状が現れることもあります。また、喉がはれてしまうという方もいます。目、鼻、喉はそれぞれにつながっており、また、これらの部位には粘膜が存在しています。そして、これらの粘膜がアレルゲンに強く反応した場合には、このような症状が現れることになります。

また、人によっては頭がぼーっとしたり、頭痛や眠気を訴えることもあります。

アレルギー性鼻炎と鼻かぜの違い

アレルギー性鼻炎は、なんらかのアレルゲンに身体が反応して起こるアレルギー症状ですが、鼻風邪の場合では、このようなアレルゲンが原因になっているのではなく、いわゆる風邪(つまり何らかのウイルス感染)の初期症状で現れるものです。

つまり、鼻から侵入してきた悪者を、鼻水とともに外部へ排除してしまおうとする機能が働き始めたということです。この部分については、花粉症の原理と同様です。ですが、アレルギー性鼻炎はアレルゲン、鼻風邪の場合にはウイルスが原因となっていますので、これらが根本的に異なるということかわかりますね。

受診した方がよいケースと市販薬で様子を見てもよいケース

アレルギー性鼻炎は、年齢に関係なくある日突然症状が現れることがあります。そしてこの場合では、なにが原因で起こっているのか、ご自身では判断をつけることができません。そして、なにが原因で起こっているのか、その原因がわかっていなければ対処のしようがありません。このように、ご自身にとってのアレルゲンが不明な場合には、ひとまず内科または耳鼻咽喉科でアレルギー検査を受けることがおすすめです。

アレルギー検査は、さまざまな項目から疑わしい物質を選んで受けることができ、採血だけの場合もありますが、厳密には①採血もしくは皮膚テスト②鼻水の検査③実際にアレルゲンを鼻に入れてみて反応を見る検査の3つが必要となります。

また、もともとアレルギー体質でアレルゲンがわかっており現状では市販薬で症状が落ち着いている方は、市販薬で対応することも可能です。アレルギー性鼻炎の重症度は人によって大きな差が生じますので、アレルゲンがわかっておらず、なおかつ症状がどんどん悪化しているようであれば、迷わず内科または耳鼻咽喉科でアレルギー検査を受け、アレルゲンを特定しましょう。検査結果は約1週間後にわかります。

これらの病院では、アレルゲンに応じた内服薬もしくは点鼻薬などの処方を受けることができますので、取りあえず受診しておいて損はありません。

アレルギー性鼻炎薬の処方薬・市販薬の種類

614872552

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

それでは次に、アレルギー性鼻炎の処方薬や市販薬の種類について見ていくことにしましょう。

抗ヒスタミン薬

体内のヒスタミンという物質が原因となって現れるアレルギー性鼻炎を抑えるための薬です。ヒスタミンは、皮膚や粘膜の痒みや鼻水を引き起こす原因となる物質で、この物質の働きを抑える抗ヒスタミン剤の使用で、症状を緩和させることができます。最近は眠気がほとんど出ない内服薬も出てきていますが、服用した際には、自動車などの乗り物の運転は避けた方がベターです。

ステロイド薬

ステロイドはもともと私たちの腎臓で合成される副腎皮質ホルモンで、アトピー性皮膚炎の治療薬としても知られています。そして、このホルモンを配合した薬をステロイド薬と呼び、アレルギー性鼻炎によって引き起こされている身体の内外の過剰な免疫反応を抑えています。ただし、ステロイド薬は成分が強いため、長期間に及ぶ連続使用は避けたほうが良いとされています。

アレルギー性鼻炎薬の漢方薬

518060654

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

上記でご紹介した内服薬や外用薬は、西洋医学に基づいて作られており、比較的早い段階で効果を発揮するという特徴を持っています。ですが、ステロイド薬のように成分が強い薬の場合では、副作用が現れる可能性も否めません。そのような副作用が心配なのであれば、東洋医学に基づいた漢方薬での治療という方法もあります。 ただし、漢方薬は効果の現れ方が緩やかであるという特徴を持っていますので、この方法でアレルギー性鼻炎の改善を行うのであれば、長期戦を覚悟しておく必要があります。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

風邪の諸症状に効果を発揮するといわれている小青竜湯は、アレルギー性鼻炎の症状であるくしゃみや鼻水、目の諸症状の緩和に役立つといわれています。小青竜湯には麻黄(まおう)や桂皮(けいひ)をはじめとする8種類の生薬が配合されていますが、眠くなる心配はありません。

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

風邪の諸症状の緩和に役立つといわれている葛根湯に、鼻づまり改善効果を期待できる辛夷(シンイ)、そして、血行促進や鎮静作用を期待できる川芎(センキュウ)という生薬を配合した漢方薬です。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

最近の繁殖抑制効果や、熱を発散させる作用を持った漢方薬で、皮膚の痒みの緩和や鼻づまりなど、アレルギー性鼻炎の諸症状改善効果を期待することができます。

アレルギー性鼻炎薬の症状別の選び方

450391851

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

アレルギー性鼻炎にはさまざまな症状がありますので、いち早く辛い症状を改善したいのであれば、症状に合わせた薬を選ぶことが大切です。

つらい鼻症状があるとき

鼻の諸症状改善に最も多く使用されるのが、抗ヒスタミン薬です。特にこの薬には、痒みを引き起こす元凶となるヒスタミンの働きを抑える働きがありますので、アレルギー性鼻炎に伴う鼻の痒みや鼻水でお困りなのであれば、まずは抗ヒスタミン薬を使用してみて様子を見ると良いでしょう。

鼻づまりがひどいとき

辛い鼻水に悩まされているのであれば、点鼻薬の使用もお勧めです。アレルギー性鼻炎の場合、病院で処方する点鼻薬はほとんどがステロイド剤です。一方で、お店で販売しているものは抗プロスタグランジンD2などがメインで、血管を収縮させることにより鼻づまり症状を緩和させます。

市販の点鼻薬は即効性はありますが、ずっと使い続けると鼻粘膜が腫れて鼻づまりが悪化する『薬剤性鼻閉』を引き起こすこともあります。御自身の判断で市販の点鼻薬を長期間使用するのは危険なので注意しましょう。

これらの成分が配合されている点鼻薬は薬局やドラッグストアなどでも販売されていますが、ご自身の症状にピッタリな点鼻薬を使用するのであれば、耳鼻咽喉科に相談して、適切な鼻炎薬を処方してもらうという方法がおすすめです。

服用による眠気が心配なら

最近では眠気が出にくい抗ヒスタミン薬も出ていますが、服用すると眠気が現れるものもあります。眠気が出ては困るという方は、上記でご紹介した漢方薬でアレルギー性鼻炎の改善を狙ってみてはいかがでしょうか。また漢方薬は刺激が弱く眠気が現れにくいのがメリットですが、効果の現れ方が緩やかであるというデメリットも持っています。

また、アレルギー性鼻炎は今回ご紹介してきたさまざまな鼻炎薬で改善効果を狙うことができますが、内服薬や外用薬で効果をあまり感じることができないという場合には、レーザー治療で症状を和らげるのも1つの手かもしれません。レーザーもしくは薬剤で鼻粘膜を焼く治療を行っている耳鼻咽喉科もあります。これまで取り上げた治療法はいずれも“アレルギーの症状をやわらげる”もので、アレルギーを治しているわけではありません。

唯一、アレルギーを“治す”治療としては、「減感作療法」のみです。定期的にアレルギーの原因物質の注射を打つ方法で、数年の期間がかかり、通院も必要となります。また最近では「舌下免疫療法」といって舌の下に自分で錠剤やエキスを入れる方法が新たに保険適応になりました。注射無しで自宅でできるので、非常に注目されています。

まとめ

500048061

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

なんとなく鼻がムズムズして、鼻風邪だとばかり思っていたら、実はアレルギー性鼻炎だった。これは、実際によくあることです。アレルギー性鼻炎は風邪の初期症状である鼻風邪とは異なり、アレルゲンによって引き起こされます。そしてアレルギー性鼻炎だった場合、一番の治療方法は何が原因でアレルギーが出ているのかをはっきりさせることです。その上で、そのアレルゲンが体に入ってこないように防御することが大切になります。

アレルギー反応を抑える薬を使用しない限り、症状が改善しないこともあります。もしかするとアレルギー性鼻炎?と感じたのであれば、まずは内科または耳鼻咽喉科へ足を運び、アレルゲンを特定するためのアレルギー検査を受けておきましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年1月31日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録