読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

餃子のコツを公開!プロが教える「餃子の具を美味しくする簡単な方法」

餃子さえあれば、ご飯が何杯でも食べられる! なんて男性がいますが、それは女性も同じ。餃子で何杯でも、お酒が飲める! なんて人もいます。美味しい餃子を知ってしまうと、自分でも作りたくなるもの。今回は、美味しい具の作り方を餃子のプロに聞いてみました。もちろん、料理が苦手な方でも簡単にできる作り方です。

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

この方法を試すのにかかる時間

  • 豚肉をとにかくこねる 約15分
  • 合計 15分

具を美味しくする方法を伝授

こんにちは、「餃子の餃天」の店長をしております、外川です。楽天市場やデパートの催事などでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、真っ赤な餃子「情熱の赤餃子」などの商品が楽天市場で餃子部門売上1位になるなど、ご好評をいただいております。

通販でも催事でも、売り切れていなければ買えますので(当たり前ですが 笑)、気になったらチェックしていただけると幸いです。

さて、前回は家庭で餃子を上手に焼く方法をお伝えしましたが、今回は餃子作りのポイント、具を美味しくする方法をお伝えしたいと思います。

ちょっとした手間で美味しさ増幅!?

最近は、女子会やホームパーティーで餃子作りをするケースが多いと耳にします。お取り寄せした「生餃子」でも、具から自分で作る「手作り餃子」でも、みんなで作って食べるんですから楽しいですよね!

各ご家庭の餃子のクオリティも上がっていると思いますが、具から自分で作る際、餃子をさらに美味しく作るポイントを少しだけお教えいたします。

前回の「餃子を美味しく焼く常識やぶりな方法」もむずかしいことはありませんでしたが、今回も意外と簡単です。私の記事でお伝えするコツ、これは私達が長年餃子作りをして得た知識ですので、是非、実践してみて下さい!

ひき肉を薄ピンクになるまで混ぜる

まず、ひとつ目のコツは肉を混ぜるところにあります。皆さんは、ひき肉(豚肉)をどのくらい丁寧に混ぜていますか?

野菜や調味料も入れて一気に混ぜる人や、順番に混ぜる人など、作り方はさまざまだと思いますが、私の場合は、最初にひき肉だけを15分くらい混ぜます。とことん無心になって、ひき肉だけ15分くらい混ぜまくります。ひき肉に集中! 他の事はしません(笑)。

え? そんなに長く混ぜるの? と思う人もいると思いますが、実はこれが美味しくなる重要なポイントなのです。とにかく、ひき肉がねっとりとなるまで、よく混ぜるのです。

混ぜるのがあまいと、豚肉の赤身と脂が目視で確認できます。しっかり混ぜると、赤身と脂が判別できなくなります(どうしても消えない脂もありますが)。赤身と脂が完璧に混ざり合い、薄いピンク色になるまで混ぜるのです。とことんジューシーで、味にムラがない美味しい餃子に仕上がります。食感もソフトで良くなりますよ。

背脂を混ぜると効果的!

もうひとつのコツは、背脂(白い部分)です。スーパーや肉屋などで手に入るなら、背脂をひき肉の3分の1くらい混ぜると、よりジューシーになって美味しくなります。あとはいつも通りの調味料やお野菜を入れて混ぜますが、調味料から順番に混ぜていきましょう。

醤油、おろしにんにく、お酒、ショウガ汁などさまざまですが、ひき肉をしっかりよく混ぜるだけで、いつもの餃子がより美味しく変わります。

背脂とか、調味料と野菜を入れる順番とか、いろいろ面倒くさいと感じた人は、とりあえず「ひき肉が薄いピンクになるまで混ぜる」という部分だけでもやってみましょう。格段に美味しくなりますよ!

※調理写真は編集部撮影


執筆者:外川天平

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年1月30日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録