読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

化粧品を買う場所はドコがいい?お店ごとの傾向の違いを徹底解説

皆さんはコスメをどこで買っていますか? どこで買うのも一緒と思っているなら大間違い。実はお店のタイプによって注目すべきアイテムが違うんです! 今回は、雑貨店やドラッグストア(DS)、デパートに加え、コンビニ、100円ショップでのコスメ傾向とおすすめ品をご紹介!

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

買う場所によって変わるコスメの価格帯

  • 100円ショップ  108円~
  • 雑貨店  数百円~1,500円程度
  • ドラッグストア(DS) 数百円~カウンセリングコスメで数千円
  • コンビニ 数百円~1,000円程度
  • デパート 数千円程度

※金額は参考金額です。※2017年3月時点

どんなレディにもぴったりのアイテムが必ずある!

こんにちは、主にフォトグラファーやタレントプロデュースをしている立花奈央子です。ジャニーズアイドルさん、芸人さんたちの女装プロデュースもしてきました。写真、コスメ、メイクテクニックなど、皆さんのお役に立ちそうな情報をお伝えしていきたいと思います。

毎日がそう変わらない日々の連続。そんな中でちょっと気分をアゲたい、そんなときに新しいコスメはてきめんですよね。お肌のコンディションも気持ちも移ろいやすい女子にも、ぴったりのアイテムが必ずあります。

売る場所によって品ぞろえの傾向が違う

皆さんは、コスメをどこで買っていますか? 雑貨店、ドラッグストア(DS)、コンビニ、デパート、いろいろありますが、売る場所によって「売っているコスメの能力が違う」「品ぞろえの傾向が違う」ことをご存知ですか?

今回は、それぞれ販売店でどのような違いがあるのか、お伝えしたいと思います。

販売店による違い

流行のトレンドを体験 → 雑貨店
忙しいけどキレイでいたい → ドラッグストア(DS)
予想外のお泊り → コンビニ
とにかく気分をアゲたい → デパート
手間惜しまずにコスパ重視 → 100円ショップ

1. 雑貨店

プチプラからインポートまで、一通りのものがそろう雑貨店。最新アイテムの入荷速度は抜群。限定品や新製品で、いつ足を運んでも新しい発見があります。特にトレンドを意識したアイテムはここ一択。インスタで気になったらすぐに来てもいいくらい。

テスターも多く、気軽に試せるので、お出かけ前にちょっと寄っていく人も多いですね。その反面、定番品以外はすぐに棚から消えてしまうので、気になったアイテムはゲットしておく必要アリ。

プライスダウンはあまりしていないので、クーポンやキャンペーンがあったらラッキー♪ とばかりに買いだめしてしまいましょう!

おすすめアイテムは「新商品のチーク&マスカラ」。チークにはトレンドが、マスカラには性能が常にアップデートされています!

特徴: テスターが多い、流行コスメがすぐ並ぶ、定番コスメ以外はすぐ消えがち
流行感度 ★★★★★
安定感 ★★☆☆☆
お手頃感 ★★★☆☆

2. ドラッグストア(DS)

営業時間が長く、いつもお手頃価格でお買い物ができる、強い味方。10代からお年よりまでに対応する、安定した品ぞろえ。新商品は少なめながらもしっかり入荷するので、忙しい中でもトレンドを意識できます。

定番品が多く、レギュラーアイテムを切らしてもすぐに補充できる安心感があります。トレンド最先端メイクには少しアイテム不足になりますが、忙しい中でもしっかりキレイを作れる、頼れる味方です。

おすすめアイテムは「基礎化粧品や綿棒などの消耗品」。いつも使うものよりワンランクあげてみましょう!

特徴: どこよりも安く買える、老若男女すべてに対応したコスメの品ぞろえ、トレンド系が少ない
流行感度 ★★★☆☆
安定感 ★★★★☆
お手頃感 ★★★★☆

3. コンビニ

困ったときはコンビニ! 基本的にラインナップに大幅な変更はなく、いつでも安定した品質のアイテムを購入できます。

いつでも開いている、どこにでもある、ということで、救われた経験がある人もいるのではただ、性能的には万人向けに作ってあるので、ちょっと物足りなさを感じることも。万人にウケるということは、コスメとして際立つ部分が少ないということに繋がります。もちろん、際立ちが良いとも限りませんので、それが悪いわけではありません。むしろ「良し」と感じる人も多いでしょう。

基本的に値引きがないので、ドラッグストアで購入した方がコスパが良いですが、サッと買える安心感は大きな強みです。

おすすめアイテムは「化粧直しシート」。際立つ部分が弱いコンビニコスメも、安くて基本がしっかりしたものが多い傾向があります。

特徴: 少量コスメが買える、とっさに役立つコスメが豊富、際立つポイントが少ない
流行感度 ★★☆☆☆
安定感 ★★★★★
お手頃感 ★★☆☆☆

4. デパート

気分をアゲるなら、断然デパート! 内装、商品の質、接客、どれも自分を特別な女性に演出してくれます。その敷居の高さに、着ていく服がないと尻込みしてしまうという声も聞きますが美容部員(BA)さんは接客のプロ。安心して、悩みを相談してみましょう。

商品価格は高めで、もちろんプライスダウンもありませんが、BAさんのカウンセリングを受けられるので、納得のお値段。自分では思いつかなかったようなメイクを提案してもらったりと、新しい発見も多いので尻込みせず、定期的に足を運んでほしいです。

おすすめアイテム「好きなブランドのコットン」。デパートでありながら、無理せず手の届く価格でウレシイ。わざわざ無理して高いコスメを買わず、コットンという比較的お安いコスメで満足感を得るのです。コットンで丁寧にお肌をケアすることから始め、メイク一つ一つの手順をていねいにするように心がけましょう。

特徴: カウンセリングを受けられる、コットンの魅力とコスパは異常、コスメはほぼ定価
流行感度 ★★★★★
安定感 ★★★★☆
お手頃感 ★☆☆☆☆

5. 100円ショップ

あらゆる生活用品を取りそろえ、今や私たちの日常から切り離せない、100円ショップ。とはいえ、お肌に直接つけるものには抵抗感が強い…という声も聞こえます。

商品の質はまさに玉石混交、掘り出し物もあれば、お値段なりのものもあります。その中で、自分のセンスと経験で使えるものを探し、おトクにキレイになるのも醍醐味と言えるでしょう。商品の入れ替わりが激しいので、気になるものは即購入を!

おすすめアイテムは「つけまつげ」。100円ショップで買ってもハズレが少ない定番アイテムなんですよ。気兼ねなく使い捨てができるので、いつでも安価でフレッシュな目元でいられます。

特徴: コスメの入り変わりが激しい、まつげは安定の品質、掘り出し物がある
流行感度 ★★★☆☆
安定感 ★☆☆☆☆
お手頃感 ★★★★★

いつも買わない店で買うのもアリ

毎日いっしょうけんめい生活していると、ついつい行動範囲が狭まりがちですよね。そんな時は、思い切っていつもと違うエリアに足をのばし、いつも行かないお店に飛び込んでみましょう。少しずつの変化が、新しい風をあなたに呼び込んでくれますよ。

※写真はイメージです


執筆者:立花奈央子

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年1月21日

「michill編集部員のおまけトーク」

編集部員のみーちゃんが「化粧品」についておまけ情報を解説しちゃいます。


立花奈央子さんに説明してもらって、確かに販売店での品ぞろえやトレンドに違いがあることがわかりました。改めて納得です!


私は、断然、ドラッグストア派です。夜もやや遅くまでやっているし、大体使うコスメは決まっているので、自分の使うコスメが安定的にそろっているところで購入しちゃいますね。


でも、確かにたまに最近のトレンドって…と気になった時には、雑貨店を覗いちゃいますね♪


ということで、今回の「michill編集部員のおまけトーク」は、コスメについて、もう少し調べていこうと思います。


化粧品を安く買うために知っておきたいテクニック

女性なら、必ず使うコスメ。もちろん格安のものはありますが、やっぱり使うなら、ブランド物だったり人気のコスメだったり、お気に入りものがいいですね。そういったコスメを安く買う方法…実はあります。


●やっぱり活用するのはインターネット


他の記事でもご紹介がありましたが、海外コスメや人気コスメを日本国内で買うよりも圧倒的に安く買えるのが「iHerb」。もうみなさん、ご存じですよね?と言うように、安く購入する手段の一番のオススメはネットなんです。


今では、何でもネットで買える時代。ネットでは多くの店舗が出店しているショッピングモールみたいなもの。各お店が競争を行うため、価格も引き下がります。


条件を満たせば送料や手数料が無料なったりもするので、少しでも安く購入したい!という方は、まずはネットでの注文を検討してみてください。


●貯めたポイントを有効活用!さらにこまめな売り場のチェックも重要


購入するお店によって、ポイントがつくところもありますよね。有名なところで言いうと、例えば「イオンモール」。


WAONポイントが5倍、10倍になる日もありますし、5%オフになる日もあります。また、複数の店舗・会社で有効なカードを使って、貯まったポイントでコスメを購入することもできます。


また、お目当てのコスメやメーカーなどがあるなら、情報収集も大切です。情報を集めることで、より安い時期に巡り合うことが出来たりもするんですよ。なるべくこまめにチェックすることで、安く買えるチャンスを逃さずとらえましょう。


化粧品を初めて買う時のポイント~デパートや百貨店~

みなさん、コスメをデパートや百貨店で購入したことがありますか?私は、実はまだありません。


どうしても敷居が高いというか、何か気を付ける必要があるのか、勧誘もしつこそうだし、そもそもコスメの金額が高いし…などなど。


金額を安く!は、できませんが、どんな感じにデパートや百貨店のコスメ売り場に行ったらいいか、ちょっと周りに聞きづらい、そんな内容を解説していきます。


実は、ふらっと行って、「ちょっと教えてください」とか、「雑誌(ネット)で見て、来たんですけど」といった感じで大丈夫です。


もちろん予約を入れる必要もありません。別途、予約制のものありますが、そういうのは何度か通ってリピーターにならないと参加できないため、初めての人は、予約が不要になります。


勧誘については、「欲しいけど、どうしようかなあ」という場合は、強く押されます。なので、もし買う気がなければ、はっきりと「いりません」と言えば大丈夫です。


いらないものまで買わされる、というような不安をよく聞きますが、はっきり断れば大丈夫なのでご安心を。


メーカーによっては、顧客を「会員」と言うことがあります。これは、何か特別に入会するわけじゃなく、カルテを作るだけなんです。


カルテがあるリピーターの人を、「会員」と言っているだけなので、軽い気持ちで大丈夫ですよ。


また、作成されたカルテは、リピートがないと半年から1年で破棄されます。もちろん、メーカーから来るダイレクトメールも拒否することができます。


デパートや百貨店は、雰囲気や対応から特別な感じになりますが、これで臆することなく、気分をアゲたい時は遠慮なくデパートや百貨店に行ってみましょう。


女性にとっては、とても大切なコスメ。気分や、環境、用途にあわえて、その時々の自分にあったコスメを選んで、オシャレを楽しみたいですね♪


そして、普段から使うコスメだからこそ、拘りは持ちつつも賢く節約しながらGETしちゃいましょう。


この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録